そもそも電話占いって信じてよいの?当たるか不安の方へ…

本サイトの最後の記事を飾るのは、ある意味で占い業界の永遠のテーマである「当たるのか?」という点。 占い自体は、かなり昔からあるコンテンツで、この占いを元に行動を起こす場合もあるわけです。

歴史を紐解いてみても、重要な決断を占い師に相談をするということも多いです。 さて、現代はどうなのか?ということで、占いが当たるのか?信用してもよいのか?という点についてお話をしていきたいと思います。

■「決めてもらう」のではなく「相談をする」ということ

そもそも占いというものは、人の人生の未来を「当てる」ために存在するものではありません。 あくまでも、占いによって、その人の人生を良いものにするためのツールになります。

となると、利用者側は、何かしら状況を変えたくて利用しているわけで、本当にそれでよいのか?と相談をするわけですね。 ある意味で、これが占いの本質であり、当たる当たらないは、少し別次元のお話になってくるわけですね。

■基本「当たるも八卦当たらぬも八卦」の精神

占いに関することわざで「当たるも八卦当たらぬも八卦」というものがあります。 占いというのは、当たるときもあれば、当たらないときもあるというスタンスが大事という意味合いですね。

つまり、ことわざからも「当たる当たらないの話ではないのですよ」と伝えてくれているわけです。 ついつい「当ててほしい」と躍起になって占ってもらう方もいらっしゃいますが、肩の力を抜いて臨むことをオススメします。